エフペシアのどこに注目するか

体にマッチする薬を使うことで、病気の治療を効率的に行うことができます。
今は世界各国で先進的な医薬品が製造、販売されており、需要に応じて使われている時代です。
若い頃から薄毛に悩んできた私の友人は、自分の頭髪はこのまま薄い状態だとあきらめていました。
しかし、ネットでさまざまな情報を集め、AGA治療薬なるものがあると気づいてから、独学で勉強し、どんな薬が自分に合うかを知ったのです。

彼が選んだのはかの有名なプロペシアのジェネリック薬エフペシアでした。
この薬はシプラ社というインドの製薬メーカーさんが作っていますが、主成分フィナステリドや副作用まで、ほぼプロペシアと同じです。
インドの製薬技術の高さはもはや世界的に有名であり、現在インドはジェネリック大国とまで呼ばれています。
この会社はフィンペシアというジェネリック薬も作っており、その効果はほぼプロペシアと同じですが、これにはキノリンイエローと呼ばれる着色料が使われていて、安全性に疑問符がつくと聞きました。
エフペシアはこの着色料を使っていないので、少し値段は高いですが、効果に問題はないでしょう。
友人はこれを使いだして半年間ひたすら飲み続けました。

飲むタイプのAGA治療薬の場合、途中でそれをさぼると本当の効果が現れません。
そのため、継続して飲み続ける必要があるのです。
彼は見事それをやり遂げ、いまやふさふさの髪の毛を誇示しています。
心なしか性格まで明るくなったように見えるのは、気のせいでしょうか。

ネットではさまざまな海外医薬品を販売しているサイトがあり、彼もそこでエフペシアを買いました。
この薬は日本国内では認可されていないので、販売されていません。
ただ、海外から直接個人輸入して使う分にはまったく問題がないので、まがいものを売らない、信頼できる業者から買うことをお勧めします。
AGA治療薬はジェネリック薬も含め、かなりの種類があるので、どこに注目するかあらかじめ考えておくのがベストでしょう。
友人の場合は値段と安全性を重視しました。
世間一般には「安い薬は何か問題がある」との間違った常識がまかりとおっています

しかし、インドのジェネリック薬にはその法則はあてはまりません。
なぜなら、特許の概念が違うので、最初から特許料がジェネリック薬の価格に入っていないからです。
製法と製薬会社、価格が違うだけでほぼオリジナル品と同じ効果が出るエフペシアは、経済的な理由などからAGA治療を断念してきた人にとって、かなり強力な味方になることでしょう。
私も最近男性型脱毛症を疑わざるを得ない状況になってきたので、彼からいいサイトを聞き出し、この薬で治療してみようかと考え中です。
いいものはどんどん使わないと損ですし、それを使うきっかけは意外なくらい身近な所に転がっています。
男性にとって髪の毛はステータスであり、それをふさふさの状態で維持することは、男の沽券にかかわる重大事なのです。
fpecia01

成分について

男性の場合、男性ホルモンが抜け毛に関係しているので、30代前後で薄毛が来る人は一気に生え際が後退するそうです。
実は私も30代前半で急激に前頭部が後退してしまいました。
頭皮環境はもちろん、食生活にも気をつけていたので本当にショックでしたが、このまま髪が無くなってしまうのをただ待っているわけにもいかないので、ネットで話題になっていたプロペシアを購入して使用していたのです。
プロペシアに含まれているフィナステリドは、日本皮膚科学会のAGA診療指針において、最も有効な成分であるA評価を受けています。
また、日本の臨床試験で3年間使用すれば、78%の人に薄毛の改善が見られ、現状維持であれば98%という結果が出ている成分なのです。
それゆえ、プロペシアの効果は高く半年ほどで抜け毛が減りました。
ただ、とても高価な薬なので、3年間も継続して使用し続けることは難しいというジレンマに襲われました。
そこで私が注目したのは、プロペシアジェネリックのエフペシアです。
成分がフィナステリドで全く同じでしたし、ネットで見られる評価も高かったので、試しに海外医薬品の輸入代行サイトであるオオサカ堂で購入して使用してみることにしました。
コストもプロペシアに比べると10分の1です。
しかもこのAGA治療薬は1日に1錠だけでいいので、100錠入りのものを買っても月に1000円程度で済みます。
これで今までの薄毛対策に投じた数万という金額を無駄にせずに済むということで安心しました。
というのも、フィナステリドの服用を一時でもやめてしまうと、臨床試験の結果通りの効果が得られにくくなってしまうからです。
高価を最大限に活かすためには、継続しての服用は絶対です。
ですから、もしプロペシアでは続けられないという方は、オオサカ堂でエフペシアを購入することをお勧めします。
オオサカ堂は商品をまとめ買いすることで安くなりますし、送料も国内無料なので、間違いなく生活にかかるAGA治療薬の負担を抑えられます。
輸入代行というと敷居が高いように思われるかもしれませんが、感覚的には国内のネットショッピングを同じなので大丈夫でしょう。
ちなみにエフペシアは2012年末に発売されたAGA治療薬になります。
最初はあまり知られていなかったのですが、錠剤のコーティングにキノリンイエローが含まれていないという安全性が知れ渡ることになってから一気に人気に火がつきました。
キノリンイエローは、欧米では問題ない成分とされていますが、日本市場では不許可添加物なので、やはり不安になるのは仕方ないと思われます。
現在は他の経口タイプのAGA治療薬もノンキノリンイエローが増えていますが、当時はエフペシアが代表格だったわけです。
そして、これを機会に現在では認知度がかなり高くなっています。
コストパフォーマンスに優れている経口タイプのAGA治療薬として、エフペシアは既に確固たる地位を築いていると言っても過言ではないでしょう。

目次へ戻る

試す価値

増毛とは、育毛剤などで毛を増やすことではなく、地毛に人口の毛を結びつけることで毛の量を多く見せることです。
技術の向上により地毛に負担をかけずに、自然なフサフサの髪を演出できると言うことで人気のある方法ですが、定期的に人口毛を結びなおすなどのメンテナンスが必要になってきます。
それに、いくらフサフサに見えてもそれは自分の髪ではありませんし、AGAが進行していって地毛がなくなってしまったら利用することができません。
ですから、増毛を行う方は同時にエフペシアなどのAGA治療薬を利用し、薄毛の進行を抑えてみてはいかがでしょうか。
AGAは遺伝によって脱毛の原因物質ジヒドロテストステロンの生成が多く、それによって毛母細胞の活動が低下したり、皮脂が過剰に分泌されて毛穴がふさがり、生えたばかりの毛の成長を阻害してしまいます。
そのため、進行すると抜け毛が増え、細く弱々しい髪ばかりになっていき、最終的には毛穴が塞がって頭皮が見えてしまうという状態になってしまうのです。
エフペシアは主成分フィナステリドの働きによって、ジヒドロテストステロンの生成に必要不可欠な5αリダクターゼが男性ホルモンと結びつくのを阻害します。
そうすることで脱毛を抑制し、ヘアサイクルを正常化して髪が通常通り成長できるようにしてくれるのです。
増毛には人口毛を結びつけるための地毛が必要ですし、抜け毛の進行が抑えられれば、それだけ増毛にかかる費用も抑える事ができます。
また、発毛を促すミノキシジルなどの外用薬を併用する事で、脱毛を抑制するだけでなく発毛を促すことができますから、いずれは増毛しなくても良くなるかもしれません。
エフペシアは薬が効いている間だけ効果を発揮する薬ですので、AGAを完治させることはできません。
しかし、AGAの症状は一生同程度現れるわけではなく、若い頃に急激に進行したかと思えば、年を重ねて男性ホルモンの分泌の低下とともに進行が緩やかになっていく事もあります。
ですから、進行が早い時だけAGA治療を行うことで、年相応の髪を保つ事も可能です。
増毛と併用する事でさらに見栄えを良くする事も出来ますし、それぞれの特徴をよく理解して上手に使い分けるといいでしょう。
増毛にはメンテナンス費も合わせると月に2万円程度の出費を覚悟しなくてはいけませんから、エフペシアなどで自分の髪を取り戻す方が実は経済的なのです。
プロペシアと違って個人輸入で購入するジェネリック薬ですので、病院での治療と比べると1/10程度に抑えられます。
それは1ヶ月で1000円以下という安さですので、ミノキシジルのジェネリックと併用しても増毛より安く治療することが出来るかもしれません。
ですが、治療の効果を実感できるのは半年程度かかるといわれていますから、治療の初期のまだ効果が現れていない時は増毛で薄毛を誤魔化し、その後はAGA治療の効果を期待するという使い方もあるかと思います。
ただし、AGA治療を始めた1ヶ月頃には初期脱毛が起こる事もあるので、増毛を行うなら1ヶ月が過ぎた頃から始めるといいでしょう。

目次へ戻る

コストパフォーマンス

30代になってから少しずつ髪の毛が抜け始めました。
そして、30代の後半になると前髪をかき上げたときなどに、地肌が目立つようになってしまいました。
これではいけないと思い、色々と話題の育毛剤を試したのですが、これといって目だった効果を感じることができません。
諦めかけていたところに友人からフィナステリドという成分が入っているAGA治療薬を勧められました。
私の友人が使っているのはエフペシアというプロペシアのジェネリック医薬品です。
ジェネリックで効果があるのかと聞くと、有効成分はまったく変わらないので、コストパフォーマンスを考えたらエフペシアで十分だと言うのです。
そこで色々と調べてみると、製造しているのはインドのジェネリック製薬会社最大手のシプラ社だということが分かりました。
私は以前に仕事でインドに行っていたことがあるのですが、この国は実は医療レベルが非常に高いのです。
インド人の優れた医者は海外には行かずに国内に留まるらしく、それゆえ海外から最先端の医療技術を求めて患者が来るほどなのだそうです。
そんなインドですからジェネリック医薬品に関しても安心だという思いがありました。
それで迷いなく、友人から勧められた医薬品の輸入代行業者であるオオサカ堂でエフペシアを購入です。
2箱で5180円という大変リーズナブルな価格設定になっているのは、おそらく業界最安値ではないかと思われます。
1箱100錠もあるので、これで7ヶ月近くは使用できることになり、とりあえず効果のほどを様子見するにはちょうど良い量だと思いました。
ちなみに有効成分であるフィナステリドは男性型脱毛の原因になるDHTの生成を阻害して脱毛を予防するわけですが、よく言われているように抜け毛の原因は男性ホルモンにあるそうです。
確かに女性には薄毛で悩んでいる人はいても、男性の比ではありませんし、男性ホルモンに対抗してくれる成分は重要だと思います。
そして、ここからは私がエフペシアを半年間使用してみた感想を述べてみます。
まず、使用して3ヶ月ほどで頭頂部と生え際の抜け毛が減りました。
洗髪後に手に付く髪の毛の量が減ったことから、短期間でも一応の効果はあるようです。
そして、半年後には少しだけ生え際に髪に毛が戻ってきているような気がしました。
私の薄毛は前髪が主だったので、地肌が少し見えにくくなっていることに驚いています。
今まで色んな育毛剤を使用してきましたが、脱毛を止めることが精一杯だったので、これが原因を元からたっている経口タイプのAGA治療薬のすごさなのかと実感している次第です。
私はまだ薄毛の初期段階の人間なので、これ以上髪の薄い方にどれほどの効果があるのかは分かりませんが、エフペシアならコストが安いので気軽に試してみるといいでしょう。
なんと言ってもオオサカ堂なら2箱で5000円程度ですから、半年間だけでも続けてみるのも一つの手だと思います。

目次へ戻る

生活改善

男性の三重苦というとチビ・ハゲ・デブといいますが、太っている人には薄毛の人が多いというイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。
肥満が直接、男性型脱毛症・AGAの原因になる事はありませんが、AGAの人が太り始めてから薄毛の進行が早まる事はあり得ます。
何故なら、メタボリックシンドロームなどになってしまうと動脈硬化によって血液循環が悪くなり、毛根に毛の成長に必要な栄養が届きにくくなりますし、運動不足による血行不良でも同じことです。
そして、太った人というのは得てして食事のバランスが崩れていることが多く、塩分の摂りすぎで髪に必要なミネラルなどが尿と一緒に排出されやすくなったり、多すぎる塩分が毛根に栄養が行くのを妨げる可能性もあります。
このように、肥満の方は健康だけではなく髪に対しても悪い生活習慣を送っている可能性が高いため、健康なAGA患者に比べると、さらに薄毛になりやすい傾向にあると言えるでしょう。
ですが、そんな人でもエフペシアを利用すれば、薄毛を改善することができます。
有効成分フィナステリドは、体内に取り込まれると毛根などに存在する5αリダクターゼの働きを阻害し、脱毛の原因物質ジヒドロテストステロンの生成を抑制します。
すると、毛根の活動を低下させたり、皮脂を過剰分泌させるといった症状も抑えられ、髪の成長サイクルが正常化されるのです。
フィナステリドの血中濃度を保つことがジヒドロテストステロンの量を抑え、脱毛を減らすことに繋がりますから、エフペシアは毎日1回同じ時間帯に飲むことが大切です。
1mg1錠で24時間効果が続きますが、それ以上間を置くと有効な血中濃度を保てなくなり効果が低下してしまいますので、忘れずに毎日服用するように気をつけて下さい。
ただし、最適な血中濃度を超えても効果が高まるわけではありませんし、副作用が出やすくなってしまうので、なかなか効果が実感できないからと言って1回の薬の量を増やしたり、飲み忘れた分を取り戻そうと1回に2日分飲んだりするのはやめましょう。
定められた量を飲むのが最も効果的です。
また、エフペシアによってAGAが完治する事はなく、男性ホルモンの量が多い間は薬で5αリダクターゼの活動を阻害したり、他に薄毛の原因となっている問題を取り除いてAGAの進行を緩やかにする事が薄毛克服にとって大切なことだと言えます。
太っていて薄毛が気になっていたというのなら、エフペシアでの治療と同時に肥満も改善する事で、より治療効果を高めることが出来るでしょう。
せっかく薬の効果で皮脂の過剰分泌を抑えても、脂っこい食事を続けていて皮脂が分泌されやすい環境にあれば、薬の効果も半減してしまいます。
それに、エフペシアには脱毛を抑制する効果しかなく、発毛を促すためにはミノキシジルなどの外用薬や、頭皮のマッサージなどによる血行改善、引いては運動不足解消による全身の血液循環をよくする事が、新しい毛を育てることに繋がります。
髪が増えてスマートになってくれば、もっと改善しようとモチベーションの維持にもなるでしょう。

目次へ戻る

個人輸入代行という選択肢

最近、海外医薬品の輸入業者を利用して買い物をすることが多くなりました。
かつては自分で個人輸入をしなければならなかったようですが、今はこのような業者を利用すれば面倒な手続きもなしで、外国語が読めなくても海外医薬品を手に入れられるんです。
私が今、利用している海外医薬品の輸入業者はオオサカ堂というのですが、通常のネットショッピングと同じようにサイトで買い物をすることができるので、とても重宝している存在です。
海外の医薬品となると、商品の品質が気になるところですが、オオサカ堂では管理体制やチェック体制がきちんとしているので、正規品が100%届くようになっています。
しかも、サイトの商品ページには医薬品の使用方法や注意事項、それに副作用まで明確に記されているので、安心して購入することができるんです。
しかも、一つの商品を見ていると、関連する商品が表示されるので、医薬品に関しての知識も広がります。
先日など、育毛剤を調べていたら、経口タイプのAGA治療薬であるエフペシアを見つけてしまいました。
今まで使っていたのはスプレー型のものだったので、世の中にこのようなタイプのAGA治療薬があるとは驚きです。
成分であるフィナステリドは男性型脱毛の原因となるDHTの生成を阻害してくれるようです。
これによって脱毛が止まったり発毛したりするわけですが、毎日摂取することを3年ほど続けると多くの方に効果が出るという臨床試験のデータもあります。
これは多くの国で行われてい臨床試験になりますが、実は日本でもしっかりとした臨床試験が行われています。
調べてみたところ、3年間継続して服用した場合、78%の人に薄毛改善効果が出ているそうです。
また、薄毛の進行が止まるなど、現状維持であれば98%にまで及びます。
つまり、エフペシアは私のような薄毛に悩む日本男性にとって最後の希望のような存在なのかもしれません。
ちなみに、エフペシアはプロペシアというAGA治療薬のジェネリック医薬品になるそうです。
つまり、成分は変わらないのに、価格は抑えられるということになります。
製造しているのは、インドの大手製薬会社であるシプラ社で、ここは経口タイプのAGA治療薬のジェネリック医薬品を開発している会社として最も番有名なようです。
とりあえず安心して良さそうですし、オオサカ堂が輸入代行してくれるなら正規品であることは間違いないでしょう。
気になるのはエフペシアの価格だと思います。
1箱100錠が4180円となっているので、それほど高価には感じません。
エフペシアは1日1回、1錠の服用でいいので、3ヶ月に一度購入すれば良さそうです。
オオサカ堂ならまとめ買いで、1箱2176円から2590円あたりまで安くできますし、送料も無料なのでお得感があっていいと思います。
肝心なのは効果があるかどうかですが、口コミなどを見る限りはある程度は信頼して良さそうな気がします。

目次へ戻る

シャンプーやドライヤー

薄毛になる原因は様々でありますが、洗髪をする場合に必要不可欠な存在であるシャンプーに原因があり、そのせいで薄毛になってしまったけれども、気付かずにいるという例もあります。
ある企業の調査によれば、大半の男性は女性に比較すれば短髪が多く、シャンプーも350円前後から470円前後の価格帯のシャンプーを選ぶ傾向がある様です。
そして女性は髪の毛は女の命であるという言葉がある様に、千円程度から二千円前後という比較的高価な価格帯のシャンプーを選ぶ女性が多いのですが、それに対して男性は高くても500円前後から750円前後くらいが上限である事が判りました。
また、男性によっては頭についている汚れが落ちれば、パサついても櫛通りが悪くなっても構わないという人もいて、200円程度で買えるシャンプーで十分であるという人達もいます。
シャンプー以外にもドライヤーの使い方が適切でないと、毛髪や頭皮に悪影響を与える可能性があります。
一般的にはシャンプーやリンス等を施した後、ドライヤーで髪の毛を乾かす事になるでしょう。
そして、男性の場合にはタオルで適当に水分を拭った後ゴシゴシと頭を拭き、ドライヤーをかけるという方法や、面倒だからドライヤーはかけないという人さえいます。
正しい頭皮のケアをする方法は、タオルを髪の毛に挟みながら水分を奪い取る様なイメージで行い、クシを使い頭皮に温風が当たるようにかけていきます。
この時タオルをドライヤーと地肌が隠れる様にタオルを被せ、数十センチ程度離しながら熱過ぎない程度にドライヤーをかけるか、左右にドライヤーを振りながら熱さを分散させるというテクニックを利用すると効果的にドライが出来ます。
後はブラシで整髪して終了となります。
ここまでやる男性は少ないかも知れませんが、薄毛に悩んでいる人には参考になるでしょう。
さてここまで最大限を努力を払い、様々な薄毛対策を講じたのにも関わらずに、まだ効果が出ないという場合は、エフペシアを利用してみましょう。
エフペシアは日本の厚生労働省では未だ認可されていない薬ですが、プロペシアのジェネリック医薬品です。
入手するには、医薬品の個人輸入代行業者であるオオサカ堂を利用するのが便利です。
この場合には医師による処方箋は必要ありませんし、誰にも知られずに中身がわからない様な工夫がなされて配送されて来ます。
それでも心配であるなら郵便局留めにして、後日郵便局に行き商品を受け取るという事も可能です。
日本のAGA治療のクリニックに行っても処方して貰えませんが、代わりにプロペシアという薬を処方して貰えます。
この薬は日本でのAGA治療において唯一認められた薬で、医師による処方箋を見た薬剤師が調剤薬局で提供してくれますが、価格が高いという問題があります。
プロペシアとエフペシアは効果は同じ程度で、オオサカ堂では正規品のみを扱っているので、後は価格がどの程度違うのかが問題となるでしょう。
オオサカ堂のWEBサイトで調べて見ると、プロペシアは28錠入りで9880円ですが、対してエフペシアは100錠入りで4180円と、単純に価格だけで見てもエフペシアはプロペシアの半額以下ですから、一度オオサカ堂のサイトを覗いて見て下さい。

目次へ戻る

その他のジェネリック

薄毛になるとそれを気にして、自分に自信を持てなくなってしまいます。
特に女性には自分から話しかける事ができなくなったり、頭皮環境を気にしてスポーツができなくなってしまったり、人によっては外に出ることすら億劫になってしまうそうです。
このような状況に陥るのは人事ではありません。
なにせ私も20代後半から少しずつですが薄毛の兆候が見られるからです。
そこで多くの薄毛に悩む男性を救ってきたという経口タイプのAGA治療薬を使用してみたいと思いました。
AGA治療薬と言えば、有名なのがプロペシアでしょう。
しかし、それほど給料が高くない私にとっては、これを2から3年も使い続けると生活費を圧迫してしまいます。
そこで、プロペシアのジェネリック医薬品でよく知られるフィンペシアを馴染みの海外医薬品の輸入代行サイトであるオオサカ堂で購入しようと思いましたが、比較してみるとどうやらエフペシアの方が少し安いようです。
どちらもプロペシアのジェネリック医薬品ですので当然フィナステリド配合ですし、ユーザーの口コミを読んでいても効果は変わらないとか、人によって変わるという意見が多かったので、今回はコスト面からエフペシアを購入することにしました。
エフペシアは食品に添加することは禁止されているキリンイエローが入っていませんし、オオサカ堂なら正規品で間違いないでしょうから、安心して服用できるとの判断です。
ちなみに、キリンイエローが人体にどれほど有害かは正直よくわかりません。
害があるというのはタール色素が発がん性があるというイメージからきているものです。
しかし、入っていないほうが安心感があるのは間違いないでしょう。
なにしろ2から3年は毎日飲み続けることになるわけですから、精神的にいいほうを選んだほうが良いということになるわけです。
エフペシアの価格はオオサカ堂で100錠が4200円ほどです。
ただ、私が見たときは、まとめ買いしたほうがお得になっていましたので、とりあえず2箱5200円を購入しました。
2箱だと1000円足すだけでいいというのは驚きですが、これがオオサカ堂という業者のいいところです。
まとめ買いしていくと、どの医薬品も安くなるようになっているんです。
ちなみに5箱だと11000円ほどですが、今回は自分に合うかどうかがまだ分からないので2箱にしておきました。
オオサカ堂はクレジットカードが使えますし、商品も1週間ほどで到着します。
日本全国送料無料な上に、手数料など余計な費用は一切かかりません。
私は何度も利用しているのでわかるのですが、正規品が100%届きますし、包装は中身が分からないようにしてくれますから、サービス面に関しては最高レベルだと思います。
もし、エフペシアのような海外の医薬品を購入する場合はチェックしてみたほうがいいでしょう。
これからどのような発毛効果があるのかちょっと楽しみです。

目次へ戻る

処方箋

薄毛にとってプロペシアは魅力的ですし、今は皮膚科などのお医者さんでも取り扱いがあるので安心して利用する事ができます。
髪の毛が薄くなってきた事に気が付いた方は、この情報をどこかで仕入れて今実際に通っている方もいるでしょう。
しかしまだ保険証などで3割負担になる訳ではないので、診察料も普通にかかってきますし、さらにプロペシア自体も値段が高いので困ってしまいます。
お金に余裕がある方であれば良いとは思いますが、普通にサラリーマンをしていてさらには家庭などを持っている男性にとっては、1回に1万円近くかかってきてしまうので大変ですよね。
実は日本ではどの医薬品でも先発品が主流になっているのですが、海外ではジェネリック医薬品も多数存在します。
その効果は劣るのかというとそういった訳ではなく、先発品を見本にほぼ同じように製造していますので、安心して利用する事ができるのです。
その中でもプロペシアのジェネリック医薬品として代表的なものがエフペシアというものになるのですが、使用方法も同じですので服用をしやすいでしょう。
こちらにもフィナステリドという、もともとが前立腺肥大に使われていた成分を利用していますので、髪の毛を増やす事ができます。
しかしプロペシアの取り扱いがある病院やクリニックは多くあるのですが、なかなか日本の中でエフペシアを取り扱っているところはありません。
海外から輸入を行って直接手に入れて、継続的に利用をしていくという事になります。
しかし自分でと思っても素人で医薬品などを手に入れた事がない方は、どのように行って良いか分からないものです。
仮に分かったとしても様々は規則などがある事が分かり、その事に戸惑って購入を諦めてしまう事でしょう。
せっかくこのようなコストも安く続けて飲みやすい医薬品を知ったのに、購入できないままでは勿体ないです。
実はそういった個人での医薬品の輸入は難しいので、代わりに代行をしてくれている業者がある事はご存知でしょうか。
その中でも特に信頼できるのが、オオサカ堂になります。
まず正規品100%で本物の医薬品しか送ってくる事がないので、偽物を知らずに使い続けてしまうという事を防ぐ事ができます。
独自でも成分をチェックしてくれているので、そこで本物で安心して服用できると判明した医薬品しか送る事がありません。
そしてその取引している製薬会社も多数あるのですが、しっかりとした製薬会社だと分かった業者としか取引をしません。
実は自分だけで購入を行おうと手続きを行ってしまうと、偽者の海外の製薬会社と語る業者から媚薬やひどい時には空箱が送られてくる事あります。
そのような怪しい会社はリストの中にないので、オオサカ堂に頼む方が安心して購入する事ができるでしょう。
なんとコストはプロペシアの約9分の1で購入する事ができますので、効果を実感するまでもお金の事を考えずにゆっくりと服用していく事ができます。

目次へ戻る

ジヒドロテストステロン

子供が生まれて幸せな日々を送っていたのに、ある日、抜け毛が増え始めて自分がAGAだと気付いてしまったら、真っ先にお子さんへの遺伝が気になってしまいますよね。
このまま順調にハゲてしまえば、将来息子さんは自分もハゲるかもしれないと悩んでしまうかもしれません。
そうなってしまってはあなた自身も辛いでしょうし、お子さんに恨まれてしまう可能性もあります。
お子さんが成長する頃にはAGA治療の技術も進んで、今より簡単で確実に進行を止めることも可能かもしれませんが、せめて父親がハゲているから自分もと悩むことのないように、今のうちからエフペシアで治療を開始してみてはいかがでしょうか。
エフペシアはプロペシアと同じフィナステリドを主成分としており、5αリダクターゼを阻害することでAGAの原因物質ジヒドロテストステロンの生成を抑えます。
そうすることで、ジヒドロテストステロンによって過剰に皮脂が分泌されたり、毛母細胞の活性を低下させて毛の成長期を短くしてしまうといった症状を抑えることが出来るのです。
ジヒドロテストステロンを生成する役割を持つ、5αリダクターゼの量や働きの強さは遺伝によって異なり、人によってはフィナステリドだけでは十分にその働きを抑えられないこともありますが、継続して治療を続けることで改善の効果が大きくなると言われています。
最低でも半年以上服用することで、個人差はあるものの抜け毛の減少や髪が太く長くなった、新しい髪が生えてきたなどの効果を期待できるでしょう。
また、エフペシアには発毛を促進する効果はないため、なるべく髪が残っている発症初期から治療を開始することで、高い効果が得られると言われています。
それは、毛が抜け落ちて、新しい毛が生えようとしても成長する前に抜けるという状態が続くと毛穴が閉じてしまい、そこから再び発毛させる事がとても困難だからです。
進行が早く毛穴が閉じやすいM字ハゲが治りにくいと言われているのも同じ理由で、そういった場合はミノキシジルなどの外用薬を併用する事で改善が期待できます。
ミノキシジルはエフペシアと相性が良く、もともとは高血圧の経口薬で血管拡張作用を持っています。
頭皮の気になるところに塗布することで血管が拡張し、血行が改善されるので、硬くなってしまった頭皮も血がめぐって柔らかくなっていくでしょう。
どちらも個人輸入代行サイトで購入することができ、ジェネリック薬であるエフペシアなら病院で処方されるものより格段に安く手に入れることが出来ます。
お子さんが将来成長した頃には、こういった安いプロペシアのジェネリック薬も病院で処方できるようになっているかもしれません。
今のところはまだ国内では認可されていませんが、世界中で広く利用されている薬ですので安心です。
AGA治療はとにかく根気のいるもので、長期戦を覚悟しなければなりませんから、こういった低価格の薬も活用して、確実にAGAの進行を抑えていきましょう。

目次へ戻る

体験談紹介

私は以前より薄毛に悩んでいましたが、敢えて対策は採らずに放置していました。
その理由は、日本では研究や医療分野も進み薄毛の対策なども取れるということだったのですが、その際には少なくとも一度は病院や薬局へ行くことになるからです。
専門医院などへ足を運ぶと、第三者から見ると薄毛がこの人のコンプレックスなんだとアピールしているように感じてしまい、それならば薄毛はコンプレックスに感じていませんということで、開き直ってしまえば良いのではないかと考えたからです。
そして、他の薄毛の治療を行っている人に、それとなく聞いてみると、みんな期間として長期間見たほうが良いと口を揃えて言っていました。
1回や2回、病院へ行けば治るというのであれば考えてみてもと思いましたが、長期間ということだとやはり周りにバレてしまうことになるので、ダメだと思っていました。
ですが、そうは言っても出来るならば何か手立てはないかと考えてもいました。
そんなある日にネットサーフィンで見つけたのがオオサカ堂というサイトです。
ここのサイトは、主に海外で扱われている医薬品の個人輸入を扱っているサイトらしいのですが、中を何気なく見るとカテゴリに『育毛・ヘアケア』というのがあり試しに覗いてみたところ、エフペシアと言う医薬品を見つけました。
この医薬品は1日1回1錠を服用するだけで、半年ぐらいで効果があるというような内容が書いてあり、その時は『これだけ?
随分簡単だな。
』などと思って、ちょっと心が揺らいでいました。
値段を確認すると1ヶ月分の30錠で4000円ちょいの料金なので、全然心配しなくていよい程度の料金だとも思ったのですが、ネットで買うのは郵送だから他にもバレるからやっぱり頼むのはやめようと思いながら、郵送方法を確認してみました。
そこにはハッキリと[プライバシーを守る。
商品名記載なし]と書かれていました。
また配送する際に実際に使用するダンボールなどが写真付きで掲載されていたのと、プライバシーを守りたいという方で自宅以外の配送を希望する場合には郵便局の局留め郵便などにも対応してくれると言う内容の事が書いてあったので、これなら絶対に大丈夫だと思い実際に購入してみました。
実際に購入する際には、サイトの右上の方に[お買い物の手引き]というものがあり図解付きで解説がされていたので確認することができほとんど迷わずに購入することができました。
日本ではあまり馴染みの無い医薬品も扱っているので、よくわからないという方もいるかもしれません。
それからは、オオサカ堂でエフペシアを定期的に購入するようになりましたが、私は薬剤師の資格を持っているわけではありません。
それでも医薬品の詳細事項には『薄毛の目立つ地肌に細くて短い毛が残っている状態』などといったように非常に具体的な説明が記載されています。
初めて購入するという方であっても、ここまで細かい記載があれば先ず迷わずに購入することができると思います。

目次へ戻る

サプリメントでも薄毛が改善できないなら

最近は様々なサプリメントが出ていて、中には髪にいいという成分が含まれたものも数多く出ていますよね。
髪や爪を作るのにはミネラル全般が関わっており、中でも亜鉛は髪を作るのに必要なたんぱく質の合成に必要で、新陳代謝を繰り返す毛根にとっても大切な成分です。
材料となるたんぱく質も欠かせませんし、ビタミン類も重要な役割を果たしています。
その上、ノコギリヤシのようにエフペシアと同じ抜け毛の原因物質ジヒドロテストステロンの生成を抑制する効果があるものまで出ているのです。
そのような髪にいい成分をギュッと濃縮したサプリメントを飲めば、髪の成長に必要な栄養を毎日の食生活から摂れていなかった人や、軽度のAGAだったひとなら改善される可能性は十分あるといえるでしょう。
ですが、全ての人がそれだけで薄毛を克服できるわけではありません。
やはり薄毛になってしまったら、自分でできる事はやろうと考えると思いますし、食生活の改善や他の抜け毛の原因となる要素は思いつく限り取り除いていくかと思います。
しかし、それでも重度のAGAになってしまうとサプリメントの力だけではどうしようもないこともありますから、そんな時は諦めずにエフペシアなどのAGA治療薬を利用しましょう。
エフペシアはプロペシアのジェネリックの中でも低価格なところが魅力で、300錠まとめて購入すればたったの7000円程度で済ませることが出来ます。
病院では処方できませんが、その価格に惹かれて個人輸入代行サイトなどで購入している方も多いジェネリック薬です。
個人輸入でしたらわざわざ病院へ通う必要もありませんし、治療費が高い事や、通うのに時間がかかる、人に知られる事などに不満を抱いている方でも、気軽に治療を始められます。
エフペシアの主成分フィナステリドは、先ほど言ったノコギリヤシと同じようにジヒドロテストステロンの生成を抑え、皮脂の過剰分泌や毛母細胞の活動の低下などを予防し、脱毛を抑制する効果があります。
しかし、医学的根拠がしっかりしていますし、世界中で多くの方が治療してきたという実績もありますから、その効果の高さも信頼できるのではないでしょうか。
とは言え、エフペシアは即効性のある薬ではありませんので、治療には半年~2年ほどかかると考えておく方が良いでしょう。
多くの方が半年程度で抜け毛の減少や、髪が太くなってきたなどの改善を実感することができ、ヘアサイクルが正常化することで新しい髪も自然と生えてきますから治療を継続すればするほど改善の効果は大きくなっていくと言われています。
だいたい5年程度で最大限の効果が得られ、その後は大きな変化はなくなるとされていますが、たいていの人は2年ほどの治療で満足して治療を完了するようです。
それというのも、ジヒドロテストステロンの生成には男性ホルモンが必要不可欠で、加齢とともに男性ホルモンの分泌は減っていきますから、AGAの進行もしだいに緩やかになっていくからです。
また、サプリメントの効果などで体の中から薄毛になりにくい体質にすることで、途中から治療の必要がなくなるという事もありえますので、サプリメントも上手に取り入れて薄毛を克服しましょう。

M字ハゲの方もエフペシアでAGA治療

ハゲの中でも額が広くなっていくM字ハゲは改善が難しいと言われています。
その理由は3つあって、1つ目はAGAによる脱毛の原因物質ジヒドロテストステロンを作り出す酵素5αリダクターゼが多く存在していると言うことです。
5αリダクターゼはAGA患者の頭頂部や前頭部の毛根などに存在しているのですが、とくに前頭部に集中して存在します。
そのため、男性ホルモンとどんどん結びついてジヒドロテストステロンを大量に生成してしまうのです。
また、ジヒドロテストステロンには皮脂の分泌を促す性質を持っているのですが、皮脂がたくさん分泌されると頭皮の常在菌のバランスが崩れ炎症を起こしやすくなってしまいます。
すると、毛穴まで炎症を起こし、その炎症のために生えてきたばかりの産毛の毛根にまでダメージを与えてしまい、抜け毛を誘発してしまいます。
つまりは一つ目と同じく前頭部に多く存在する5αリダクターゼが原因と言うことですね。
そして、3つ目の原因は、前頭部にある帽状腱膜の硬化によって、前頭部の血管が圧迫され血行が悪くなるために健康な髪が育たなくなってしまいます。
これが硬化してしまう原因ははっきりしませんが、もともと前頭部には血管が少なく皮膚が硬くなりやすいという特徴があるようです。
このような原因から、M字ハゲの症状は進行が早く、エフペシアなどによる治療を行っても強力な5αリダクターゼの活動を十分に抑える事ができません。
その上、エフペシアなどのAGA治療薬には発毛を促す作用はなく、脱毛を抑制する効果しかありませんので、頭頂部には効果があったのにM字ハゲにはぜんぜん効果が得られなかったという事もあるのです。
しかし、まったく効果がないわけではありませんし、筋肉が硬くなって血行が悪くなりやすいという問題がわかっていれば対処は可能です。
エフペシアはミノキシジルなどの外用薬との併用によって相乗効果を得られると言われており、ミノキシジルを塗ることによって頭皮の血管が拡張され、血行の改善に繋がります。
そうすると毛根にしっかり血液が行き届き、髪の成長に必要な栄養や酸素を十分に得られるようになりますから、発毛を促すことが出来るんです。
他にも、頭皮マッサージを自分で行うのも効果的ですし、無駄な皮脂は髪を洗うときにしっかり洗い流すことが大切です。
そして、もしも炎症が起きてしまった場合には、抗炎症薬などを塗ってすぐに治すようにしましょう。
M字ハゲは改善が困難な部位だと言われている通り、エフペシアを飲んだからと言って簡単に治せるワケではありません。
ですが、だからと言って効果がないと治療を諦めてしまったりせず、様々な方面から努力してみて下さい。
諦めずに抜け毛の原因となる要素を一つずつ取り除いていけば、きっと改善する事も夢ではありません。
AGA治療には半年から2年ほどの治療期間が必要だとされていますので、気長に根気よく治療に取り組んでいきましょう。